資金管理について

お気に召しましたらポチッと願います

普段の生活や人生、商売や経営、投資や運用等など我々が携わるおおよそ全ての営みにおいて資金管理こそが最重要事項です。
どんな生き方をするとか、何で稼ぐとか、どんな方法で勝負するとか、それらは資金管理の重要性に劣後します。

視覚化するとこうです。
資金管理>>>>>>>>>>>>>何をするか>>>>>どのようにするか

毎月100万円の給料があっても120万円使うならいつか破産します。
どんな大企業でも債務超過なら会社はいつか破綻します。
1日2万円儲けれる方法でも資金管理ができないなら一発退場がありえます。

私はそれを前提に物事に携わるように日々、心がけております。
資産運用においても資金管理を徹底しています。

FXアービトラージが簡単だとは思わない

ぽてとまとは現在、主としてFXのスワップサヤ取りやスワップアービトラージなどと称される方法をコアサテライト戦略のコアとしておりますが、この方法について検索すると、ヒットする9割のブログやサイトは、「すごく簡単な方法」「初心者でもほぼ負けない」方法として旬の通貨ペアや旬のFX会社を紹介するに留まっているのが現状です。

間違いではありませんので、それはそれでありがたい情報として活用させていただいております。

が!!おそらく、FXでアービトラージなんかやったこともない方々が相当数記事をかいていると思われます。

何故なら、
すごく簡単な方法:反対売買するだけですから、たしかにすごく簡単です。
初心者でもほぼ負けない:理論上負けません。
そんなことは机上で考えれば誰でもわかります。

私から言わせれば、
すごく簡単な方法:仕込みが簡単だからといって継続が簡単なわけではないです。
初心者でもほぼ負けない:いやいや、資金管理間違えたら大損する可能性高いですよ。

スポンサーリンク

資金管理のために把握すべきこと

誰でも言えるようなことを言うだけの方々は本当にやったことあるんですかね。
少々、訝ってしまいます。

だって。。。資金管理ってけっこう煩わしいんですよ!!!!
簡単な反対売買(両建て)のサヤ取り手法であっても以下のようなことを把握しないといけません。

  • サヤ取りする通貨ペアのボラティリティを把握する。
  • ボラティリティに応じて入金額を決定する。
  • ボラティリティに応じる資金移動タイミングを決定する。
  • 日々累積するスワップによる資金移動タイミングの変動を把握する。
  • 資金移動をした場合、その後の資金移動タイミングレートを把握する。
  • スプレッド(手数料分)の回収にかかる日数を把握する。
  • 日々変動するスワップポイントを把握する。
  • 正確な資金移動可能額を把握する。

*ボラティリティーについてはこちら

ざっと思いつく限りで絶対に外せない常に把握しておかないといけない事項はこれだけあります。
すでに面倒くささ満載ですね(笑)

面倒なので一目でさっと把握できるツールを作りました。

FXでサヤ取りやらアービトラージをお勧めしているブログ記事にて上記のことが全く触れられていないものが多いわけですが、それもそのはずです。
ぽてとまと自身も上記を把握するための計算ツール作成にどれだけ時間を費やしたか。。。
すごく大変でしたもんw

計算ツール自作してみてよくわかりました。
世の中FXアービトラージャーの大多数は、真面目な人でも大雑把な資金管理、いい加減な人は勘でやってるんだろうと確信しました。
(確信できるくらいめんどうでしたw)

以下がそのぽてとまと自作の資金管理計算表です。
この計算表のおかげで、上記の事柄がいつでもすぐ把握できるようになりました。

こちらですね。これらの項目をぽてとまとは毎日朝晩と2回確認しています。
確認に要する時間は1回あたり5秒くらいです。
*ボラティリティーは別の計算表にて把握に努めています。出番は半年に1回程度です。

*現在はトルコリラでの使用はできなくなりました。
ツールの編集を行い他の通貨ペアで用いております。

皆さまにあられましてはチェック項目の参考にして戴ければと思います。

以上になります。

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

お気に召しましたらポチッと願います

コメント

  1. はげ親父 より:

    始めまして。「トルコリラと地獄の日々」というブログから飛んできたものです。
    このような立派なサイト、いつ立ち上げたのでしょうか。まったく検索に引っかかりませんでした。
    ぜひとも、検索上位に持っていって読者の人たちを喜ばせてあげたいですね。
    私は トルコリラ円を150ロットを買い(ヒロセ)・売り(M2J)で行っています。現在上下8円耐えられるようにしているのですが、何か良きアドバイスがあればまたご指導下さい。(このサイトを繰り返し読めばその必要もなさそうですが。)このお正月ゆっくりと拝読させていただきます。

    • potetomato より:

      はげ親父様

      はじめまして!!
      ぽてとまとと申します。

      私も大王様にはとてもお世話になっております。
      地獄ブログは毎日、旬の情報を分かりやすく配信してくれてていいですよねぇ〜

      私のブログは11月初旬から始めました。
      まだ、20名くらいしかアクセスないですねw
      検索上位になって皆様のお役にたてるような日がきたらまさに感無量ですね!

      さて、アドバイスなどと大それたことは恐縮してしまうのですが、参考までに

      現在上下8円耐えられるようにしているとのことですが、帯に長し 襷に短しかと思います。

      親父様が仰る8円というのが、下記の2パターンが考えられます。

      ①資金移動込で8円の場合
      ②資金移動なしで8円、資金移動を含むと16円まで耐えられる場合

      ①ですと場合によっては少々足りない印象でございます。とくにリーマンショック級が起こると危険です。
      ②だと十分すぎる印象です。(十分すぎるのは悪いことではないです。資金効率が少々きになるといったところです。)

      ①をお選びになったのであればおそらく、資金効率を可能なまで高めるためと思います。
      ②をお選びになったのであれば、ポジション持ち直しによって長期(30日くらいでしょうかね)の赤字期間を再び発生させないためと思います。

      いずれにせよ親父まさの苦慮がよく伺えます。

      さて、帯に長し 襷に短し根拠ですが、手前味噌ではありますがHV(ヒストリカル・ボラティリティー)に関する記事をあげておりますので下記を御覧ください。

      絶対的HV
      http://lowrisk.info/?p=459

      相対的HV
      http://lowrisk.info/?p=558

      HVの計算方法(最後の方にあります)
      http://lowrisk.info/?p=499

      もしHVをお使いになられるさいは、
      計算間違えのないよう注意しておりますが、うのみにすること無くご自身でもご検討ください。

      その上で私が親父様にするアドバイスですが、
      現在のトルコリラ円でしたら通常の両建てよりもトリプルアーブのほうがよいと思います。

      理由は①と②の問題点を同時に解決できるからです。

      以上、参考になれば幸甚です。

      今後共よろしくお願いいたします。