取引方法(1)

お気に召しましたらポチッと願います

FTSE100を取引するには以下のものが考えられます。

  • 投資信託:ありません
  • ETF:UBS ETF 英国大型株100
  • CFD:クリック株365、GMOクリック証券、EZインベスト証券
  • 先物:IG証券で可能か?(よくわかりません)

それぞれざっくり見ていきます。
*詳細や細かい比較は他所に譲ります。

投資信託

見つけられなかっただけかもしれませんでの、見つけ次第ここに記載します。

ETF

下記の3つがありました。

・UBS ETF 英国大型株100
・iシェアーズ・コアFTSE 100 UCITS ETF
・バンガード・FTSE100・UCITS・ETF

しかし、iシェアーズとバンガードは国内大手ネット証券会社で購入することはできないようです。取り扱いがない!!

なのでここでは「UBS ETF 英国大型株100」のみを取り上げることにします。

ってことらしいです。あとで総評しますね。
ポイントは配当利回りと最低投資金額です。

スポンサーリンク

CFD

まずCFDってなんぞ!?ですよね。
よくわからない人はググってください。

私も実のところよくわかっていません。

現物やら先物やらの数字と値動きを参照にした「なにか」くらいの認識しかありません。
そんなCFDですが、FTSE100は以下で取り扱いがあります。

  • クリック株365
  • GMOクリック証券
  • EZインベスト証券とか

それぞれの最大の特徴を比較すると

クリック株365

参照元が現物。ロングにすると必ず配当相当額がもらえる。
最小購入単位がその他の10倍近いので小回りは効かない。
両建てテクニックが使いやすい素敵な仕様(後述)
スプレッドはやや広めデイトレなどには全く向いていない。
スイング以上推奨。
なお、円建てなので為替の影響を受けない。

GMOクリック証券

参照元が先物。ロングなら今の所、3ヶ月に1回の価格調整額がプラス。
この調整額が発生するときだけポジションをもつのも面白いかもしれない。
配当相当額よりたくさんもらえます!!!
ただし、先物を参照しているので、ロングならプラスだとは限らない。
レート下落局面ではマイナスになるんじゃないかと思われます。
そんなわけで超長期で持つ場合、なんやかんやで累積価格調整額は±0に収束していきますとGMOの人が言ってました。
スプレッドはいい感じ。
なお、ポンド建てなので為替の影響はもろに受けます。

EZインベスト証券

確認したところによるとロングでもショートでも配当(?)がマイナス。
MT4(トレードソフト)が使えるのでデイトレやスキャル向きかと思われます。
でもデイトレやスキャルのためにFTSE100をやらなくても良いかなぁとw

総評

まぁ、デイトレするのにあえてこの銘柄でやる理由はないと思います。
長くなってきましたので、総評は続くで!

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

お気に召しましたらポチッと願います